子どもの権利委員会 2018年(平成30年)度

委員長 尾野 大樹 副委員長 海堀  崇
伊藤 あすみ

1 当委員会について

当委員会は、子どもの権利の保障と拡充を目的とする委員会です。

子どもの人権救済に必要な諸活動、子どもの人権保障確立のための調査・研究・提言等の諸活動、少年法等の子どもに関する法令の制定・改廃などに関する調査・研究・研修、さらには少年事件における付添人活動に関する活動などを行っています。

2 活動報告

当委員会では、家庭裁判所や少年鑑別所等の関係機関との懇談会の実施や、少年事件での付添人活動に関する研修会の開催などを定期的に行っています。また、さらなる付添人活動の充実のため、少年友の会との連携も図っています。

平成22年4月からは、少年鑑別所等で身体拘束を受けた少年を対象に、無料で弁護士を派遣する当番付添人制度を発足させ、その運用にあたっています。

また、平成6年に和歌山弁護士会初のシンポジウム「子どもの権利条約と学校生活」を開催して以来、平成8年の「いじめ問題」、平成10年の「児童虐待」、平成11年の「少年法改正」、平成15年の「DVと子どもの人権」、平成17年の「児童虐待防止シンポジウム」(和歌山県との共催)、平成19年の「子どもの人権を考える集い」(和歌山県・和歌山市との共催)、平成23年の「子どものための児童養護施設を考える」(県社会福祉協議会との共催)、平成25年度「子どもシェルターるーも開所記念シンポジウム」(和歌山県、特定非営利活動法人子どもセンターるーもとの共催)、平成28年度「実りある面会交流~子どもの健やかな成長のために~」(和歌山県、和歌山市、和歌山県教育委員会、和歌山市教育委員会、和歌山県社会福祉協議会、和歌山市社会福祉協議会の後援)など、その時々で重要な課題に取り組むためのシンポジウムを開催してきました。

さらに、子どもの手続代理人制度の新設に伴い、子どもの手続代理人等の推薦制度の整備を行って平成28年度から運用を開始し、平成29年5月からは、子どもや保護者等から無料で電話相談を受ける常設のこども電話相談窓口も設置しました。

3 今後の活動について

平成25年、特定非営利法人子どもセンター「るーも」が子どもシェルターを設置し、その運営に関し、弁護士会が子ども担当弁護士の名簿の整備を行っています。子ども担当弁護士を十分に確保し、支援出来るよう、今後も引き続き体制を整備していきます。

また、平成26年4月には少年法が改正され、国選付添人制度が拡充されたことから、当会でも、円滑な運用が出来るよう制度の整備を行いました。今後も引き続き国選付添人の選任状況をみながら、運用・体制の改善を行っていく予定です。

さらに、無戸籍者問題を迅速かつ適切に解消するため、関係機関と連携するとともに、相談体制の整備も行っていきます。

また、SC(スクールカウンセラー)、SSW(スクールソーシャルワーカー)と協同し、学校における子どもの権利擁護にも取り組んでいきます。

これらに限らず、子どもの人権問題について取り組む予定です。今後とも、ご支援ご協力をよろしくお願い致します。