和歌山弁護士会とは

弁護士及び弁護士会の使命

和歌山弁護士会は、和歌山県内に法律事務所を開設している全ての弁護士が会員となって組織している法人です。

弁護士は、弁護士法第1条により、基本的人権の擁護と社会正義の実現を使命とすると定められていますが、弁護士がその使命を全うするためには、国家権力から独立し、場合によればこれと毅然として対峙しなければならない場合もあります。

そのため、弁護士の資格審査や懲戒は弁護士会だけが行うことができ、弁護士は裁判所や法務省などの国の機関から監督を受けることはありません。

そして、弁護士業務を行おうとする者は、必ずいずれかの弁護士会に入会しなければ業務を行うことができません。

以上のとおり、弁護士会は、国や地方自治体などの監督官庁が存在しない、いわば完全な自治権を持った団体として法律で認められています。

私たち和歌山弁護士会は、このような自治権が認められた理由を常に自覚し、基本的人権の擁護と社会正義の実現を目指して活動しています。

会長挨拶

2016(平成28)年度の和歌山弁護士会会長に就任いたしました藤井幹雄(ふじいみきお)です。
赤木俊之(あかぎとしゆき)、山岡大(やまおかだい)、田中博章(たなかひろふみ)の3人の副会長とともに、1年間、執行部として和歌山弁護士会を運営していくことになりました。よろしくお願いいたします。

今年4月1日現在の和歌山弁護士会の会員は146名で、うち女性は19名です。和歌山市に123名、橋本市に3名、御坊支部管内に2名、田辺支部管内に11名、新宮支部管内に4名が、それぞれ業務を行っています(それ以外に任期付き公務員として3名の弁護士が自治体で活躍しています)。

私たち弁護士、弁護士会の役割は、上の欄の「弁護士及び弁護士会の使命」で書いているとおりで繰り返しになりますが、「基本的人権の擁護と社会的正義の実現」を使命として活動しています。

私たちの周りには、昨年来問題になっている集団的自衛権の行使を可能とする安全関連法制と憲法との関係をはじめ、多くの人権課題や法的問題があります。和歌山弁護士会は、これらの問題を県民の皆様とともに考えるために、シンポジウムや市民集会などを計画しています。このホームページ上でもお知らせいたしますので、ご参加いただければ幸いです。

また、県民の皆様の様々な法的ニーズに応えられるよう、各種法律相談や弁護士紹介、和歌山弁護士会紛争解決センターによる仲裁・あっせん制度も実施しています。法的なトラブルがあればお気軽にお問い合わせください。

和歌山弁護士会は、今まで以上に和歌山県民の皆様のお役に立てるような存在となるべく努力いたしますので、よろしくお願いいたします。

2016(平成28)年度和歌山弁護士会 会長 藤井 幹雄