和歌山弁護士会とは

弁護士及び弁護士会の使命

和歌山弁護士会は、和歌山県内に法律事務所を開設している全ての弁護士が会員となって組織している法人です。

弁護士は、弁護士法第1条により、基本的人権の擁護と社会正義の実現を使命とすると定められていますが、弁護士がその使命を全うするためには、国家権力から独立し、場合によればこれと毅然として対峙しなければならない場合もあります。

そのため、弁護士の資格審査や懲戒は弁護士会だけが行うことができ、弁護士は裁判所や法務省などの国の機関から監督を受けることはありません。

そして、弁護士業務を行おうとする者は、必ずいずれかの弁護士会に入会しなければ業務を行うことができません。

以上のとおり、弁護士会は、国や地方自治体などの監督官庁が存在しない、いわば完全な自治権を持った団体として法律で認められています。

私たち和歌山弁護士会は、このような自治権が認められた理由を常に自覚し、基本的人権の擁護と社会正義の実現を目指して活動しています。

会長挨拶

和歌山弁護士会のホームページにようこそお越し下さいました。

令和2年度会長の山崎和成(やまさきかずしげ)です。今年4月1日から1年間、土井智也、大谷惣一、芝野友樹の3名の副会長とともに和歌山弁護士会の執行部を務めます。どうぞよろしくお願いします。

弁護士の使命は、基本的人権の擁護と社会正義の実現にあります。私たち地元の弁護士会は、和歌山県民の権利擁護と地域社会における正義の実現に向けて様々な活動を行っています。

和歌山弁護士会では、皆様の困りごとや悩みごとに速やかに対応し、法的なアドバイスを受けてもらえるよう様々な法律相談のメニューを用意しています。高齢者・障がい者あんしん電話相談、こども電話相談、犯罪被害者無料法律相談、交通事故無料法律相談、中小企業法律支援センター「ひまわりホットダイヤル」などがあります。これらはお電話でお申し込みいただける無料の法律相談です。

また、当会では和歌山県や各市町村、和歌山県消費生活センターや(公財)和歌山県暴力追放県民センターなどの公的団体が実施している無料法律相談にも会員弁護士を多数派遣しております。さらに、昨年からは裁判所から訴訟や調停の呼び出しを受けた方のために、すぐに当番の弁護士に無料で相談できる民事当番弁護士制度を発足させました。是非お気軽にご利用下さい。

法律相談を受けて法的な問題点は分かったが、裁判は大げさなのでしたくないけど、紛争の相手方とどのように話を進めていいのか分からないという方もいらっしゃると思います。そのような方には弁護士を紹介する弁護士斡旋制度や弁護士会ADR(弁護士会裁判外紛争解決手続)があります。ADRは弁護士らが中立の調整役となり、当事者間の話し合いで柔軟に紛争解決を目指す手続です。話し合いで解決したいことであれば、紛争の内容は問いません。また、大規模自然災害が発生した場合、その直後から様々なトラブルが起こってくることから、現在、和歌山県及び和歌山県内の多くの市町村と災害協定を結び、被災地において法律相談からADRに繋がる手続を無料で実施する準備を進めています。

このように和歌山弁護士会は、県民の皆様に適切な法的サービスを受けてもらえるよう様々なメニューを用意しております。困ったこと、心配なことがあれば、お気軽にご相談下さい。

令和2年(2020年)
和歌山弁護士会会長 山崎 和成